読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

研究室のありのままをありのままに

研究室という狭い空間で起こった面白いことだけを書き留めるやつ

感受性は豊かに

 
2016年のノーベル医学生理学賞を受賞した東京工業大学栄誉教授の大隅良典さん記者会見コメント引用。

 

サイエンスはどこに向かっているのか分からないのが楽しいことなので、これをやったら必ずいい成果につながるというのが、サイエンスは実はとっても難しい。そういうことにチャレンジするのが科学的精神だろうと思っているので、少しでも社会がゆとりを持って基礎科学を見守ってくれる社会になってほしい。

 

 

 


何とかなるさという精神で、いろんなことにチャレンジしてくれる人たちが増えてくれることを強く望んでいる。ただ、そんな易しいことではないので、社会が支えるような環境を少しでも作れれば。

 

 

 

 

私は「役に立つ」という言葉がとっても社会をだめにしていると思っています。数年後に事業化できることと同義語になっていることに問題がある。本当に役に立つことは10年後、あるいは100年後かもしれない。社会が将来を見据えて、科学を一つの文化として認めてくれるような社会にならないかなあと強く願っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なるほどな!なるほどなるほどなるほどな!

f:id:makomakomozimozi:20161004231549j:image

 

 

 

 

 

 

いやでもこれは冗談抜きで心に響くな。

俺とかすぐにこれって何の意味あるん?とか言ってまうからな。